名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業 名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業 名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業 名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業
名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業 名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業 名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業 名古屋大学特定基金 青色LED・未来材料研究支援事業

ご支援のお願い

天野 浩

名古屋大学 教授 
未来材料・システム研究所
未来エレクトロニクス集積研究センター センター長

天野 浩

名古屋大学の天野です。日頃より本学の教育・研究にご支援を賜り、お礼申し上げます。

GaN(窒化ガリウム)の魅力にとりつかれた学生時代、私は恩師赤﨑先生とともに、ただひたすら青色LEDの研究に没頭しました。

青色LEDの発明以来、その技術は多くの研究者らによって改良され、いまやLEDは様々なかたちで、世界中で利用されています。少ないエネルギーで明るく光るLED照明は省エネ効果も高く、その普及により2020年までに日本の総発電量の7%程度を削減できると試算されています。

GaNの可能性は、それにとどまりません。大きな電流をコントロールする「パワーデバイス」の材料として利用することで、さらに大幅にエネルギー効率を上げることができます。また、深紫外線LEDの光を水の浄化に利用することで、途上国の水問題の解決にも貢献できると考えています。

研究は日々着々と進んでいます。国も応援してくれています。

しかし、研究者や学生が安心して研究に取り組むための資金や、研究設備を維持するための経費、知的財産を守るための費用等は、公的資金ではカバーしにくく、不足しています。

2014年のノーベル物理学賞受賞は、私たちの研究ゴールではありません。日本はもとより、世界の子どもたちの未来のために、さらなる目標貫徹に向けて全力を尽くします。

このご寄附は、皆様ご自身の未来の、豊かで安心な生活への投資でもあります。青色LED・未来材料研究支援事業への温かい支援を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

寄附金の使途
次世代半導体GaNの教育・研究に関し、
  • 安定的な研究を推進できる研究設備類の維持・更新
  • 優秀な研究マネジメント人材、研究支援者・技術者の確保
  • 知的財産権(特許等)の確保・維持
  • 学生の奨学支援
寄附をする